【FX】9月は全く儲からず「456」円

【FX】9月は全く儲からず「456」円

9月のFXトレードによる収支を報告します。

9月のFXトレード収支は「456」円

9月は全くダメでした。結果は456円。

トレード履歴は以下のとおりです。

月始めの連敗によって、トレードを自粛

トレードの履歴を見てもらえばわかりますが、月の始めからいきなり4連敗を喫してしまいました。

個人的な経験からすると、ここまで連敗してしまうと、トレード中にまともな判断をするのが難しくなってきます。

損きりしなければいけないポイントまできているのに損きりできなかったり、まだ伸ばすべきところで、怖くなって利食いしてしまったり、普段ではしないようなトレードをするようになってきてしまいます。

そうなると、トレードをすればするほど、損が増えていくことになって、結果大金を失うことになるのは過去の経験から明らかです。

そうなる前に、今月はトレードするのをやめました。相場自体は確認していますが、よっぽど確実に勝てるであろうポイントがこない限りエントリーはしないというスタンスで見ていました。

正常な判断が下せない状態でトレードをするのは、トレードにおいてもっとも危険な行為だと思っています。

人によって、どんな時にそのような状態になるのかは違うと思います。

僕と同じように連続で負け続けるとなってしまう人もいれば、逆に連勝しすぎるとなってしまう人もいるかもしれません。

大事なのは、そうなった時、自分がまともではないということを自覚し、トレードをやめることだと僕は思います。

これがなかなかできなかったのですが、最近はちょっとずつできるようになってきました。

なので、金額的には不出来でしたが、良い判断ができたと思っています。

ポジションを落とすことも大切

個人的には、一度おかしくなってしまったら、ポジションを落とすことも重要だと思っています。

おかしくなっている時は、確実に負けやすい状態になっているので、負けた時に大きく損をしないことに重点をおいたほうが賢明だと思います。

僕は負けが続いていた時に、その負けを取り返そうとしてポジションを大きくして、逆にさらに大きな負けをしてしまった経験が何度もあります。

ポジションを落とすと、買った時の利益は少なくなってしまうので、もし勝てた時に「やっぱりもっとポジションを大きくしておけばよかった」と思ってしまいますが、それはもう仕方のないことだと諦めています。

利益が少なくなるよりも、損が大きくなるほうが嫌ですからね。

でも、そうやって小さなポジションでも、何度か買っていればまたトレードの調子も戻ってきますので、そうしたらポジションを大きくすれば良いのだと思います。

実際、19日のトレードでポジションを落とした状態で、良いトレードができたので、また少しずつ大きめのポジションでのトレードもしていこうと思っています。