モチベーションがなくても筋トレは続けられる

モチベーションがなくても筋トレは続けられる

筋トレを続けることって難しいですよね。

僕自身、過去には筋トレを始めたけど1ヶ月くらいでやめてしまった経験が何度もあります。

大会に出てみたいとか、大きな目標があればモチベーションも維持できるかもしれませんが、僕はそこまで大きな目標はありません。

ただ健康維持と、少しくらい見た目が良くなればいいなと言った気持ちで筋トレをしています。正直モチベーションはないと言っていいくらいです。

それでも今では週3回の筋トレを2年ほど続けられています。

今回は、モチベーションが低くても筋トレを続けられるようになるために、僕が意識していたことを紹介してみようと思います。

筋トレが続かない理由

モチベーションがなくても楽しいことは続けられます。

ゲームが好きな人は、自然に毎日ゲームをしますよね。それはゲームが楽しいからです。

筋トレが続かないのはズバリ筋トレが楽しくないからです。

でもいきなり矛盾しますが、筋トレは楽しいものです。

だけど、その楽しさは続けていないと感じられないものなのです。なぜなら筋トレを楽しいと感じるのは、実際に体つきが変わった時だからです。

体つきを変えるには、少なくとも3ヶ月は筋トレを続けないといけません。

続けるには楽しくないといけなくて、でも筋トレは続けないと楽しさがわからない。

これが筋トレが続かない理由です。

そして同時に筋トレが好きな人が筋トレを続けられる理由でもあります。

一度体つきの変化を感じれば筋トレの楽しさを感じることができるので、その先は続けることがそれほど難しいことではなくなります。

問題は、その最初の楽しさを感じられるまで、いかにして続けるか、ということです。

モチベーションがなくても筋トレを続ける方法

モチベーションがない状態で筋トレを続けるために必要なのは、一言で言ってしまえば「頑張らないこと」です。

筋トレっていうと、モチベーションを高く持って頑張ってやらないといけないというイメージがあると思いますが、そういうスタンスでやってしまうとすぐに疲れてやめてしまいます。

なので、なるべく頑張らなくてもいい方法として、僕は以下の2つを意識しました。

計画を立てない

僕が筋トレが続かなかったときにやっていたことは、計画を立てることでした。

毎週月、水、金に腕立て伏せと腹筋とスクワットをするみたいに決めてやっていました。

最初の2週間くらいはちゃんと計画通りにやるんですけど、3週目あたりからやる気なくなって週1回しか筋トレしなくなり、1ヶ月を過ぎたらもうやめちゃっているというパターンを何度も経験しました。

計画を立てたときはモチベーションが高いので、計画通りにできるのですが、続けているうちにモチベーションが下がってしまうんですよね。

計画を立てる人は真面目な人が多いので、計画通りに進まなくなった時点で、「これはもう失敗だ」と思ってしまいやめてしまいます。

なので、最終的に僕は計画を立てることをやめました。

そして「気が向いたときに筋トレをする」という方式にしました。

1週間とか2週間とか筋トレが開いてしまうことはあるのですが、それを「失敗」と考えるのをやめたのです。

たとえ1ヶ月筋トレをやっていない期間があっても、完全にやめてしまうことはなくなりました。

そのやり方で筋トレを続けていると、1年くらい経った頃でしょうか、気づいたら体つきが少し変化していました。

そこからは筋トレが楽しくなって結果として今では、週3日の筋トレを続けているという感じです。

記録をつける

先ほど、筋トレは続けていないと変化がないと書きましたが、1回1回の筋トレでも小さな変化はあります。

例えば

  • 前回よりも腕立て伏せが1回多くできるようになった。
  • 前回よりも筋肉痛が弱くなった。
  • 前回よりも重いものが持てるようになった。

などです。

筋トレを行なったことによって起こるこれらの小さな変化を意識することで、1回1回のトレーニングで小さな楽しみを見出すことができます。

この小さな変化を感じ取るために、オススメなのはトレーニングの記録をつけることです。

先ほど、長い期間をあけても気にしないと書きましたが、そうすると前回のトレーニングで何ができていたのか忘れてしまいます。

そうすると変化を感じ取ることができなくなってしまいますので、毎回記録をとっておくことをお勧めします。

「続ける」というよりは「やめない」

まとめると筋トレは「続ける」という意識でやるよりも「やめない」という意識でやったほうが結果としては続けられると思います。

大会に出るなどの大きな目標を持たない人にとっては、筋トレのゴールはないことになります。

ゴールがないということは急ぐ必要はないということです。

筋トレは、やめてしまわなければいつか結果が出ます。

そして結果が出ればあとは楽しむだけなので、それまでの短い間のトレーニングとして参考にしていただければと思います。