2021年のズナラボについて

2021年のズナラボについて

あけましておめでとうございます。
2021年初投稿です。ズナリーです。

2020年はコロナのせいで、多くのボディビルコンテストが中止や延期を余儀なくされ、
苦しい年となりましたね。
まだまだコロナの勢いは衰えていませんが、
2021年は少しでも明るい展望があればと願っています。
僕自身が何かできるわけではありませんが少なくとも、
まだ気を緩めることなく感染防止には努めていきたいと思っています。

さて、このズナラボも2020年はだいぶ更新が滞ってしまいました。
きっかけがコロナだったことは間違いはないのですが、原因の大部分は私のサボり癖、手抜き癖が出てしまったものです。


いやあ、本当僕ってサボり癖がすごいんですよね。
直せるなら直したいんですが、長年これで生きてきてしまっていますから、今更直すのもなかなか難しいです。
それに、自分なりにこの性格を理解して、うまくコントロールしているつもりでもあります。


自分の性格的に、あまり気張るといい結果にならないことが多いんです。


今はもうほとんど辞めてしまいましたが、こんな僕も3年間ほど筋トレをしていた時期があります。
その時期は、週4〜5くらいでルーティンを組んでトレーニングに励むことができていました。
超サボり癖があるのに。
それ以前にも、中学生とか高校生のときに筋トレをしようと思ったことはあったのですが、ずっと3日坊主で終わっていました。
毎日やろう、とか、腕立て30回を3セット、とか、毎回記録をつける、とか。。。
何度も初めては辞めてを繰り返し、今回こそは頑張ろうと思うけど、続けることができないでいました。
そんな自分が3年間続けられるようになったきっかけは、目標を定めないことでした。
散々頑張ってできなかったのに、そんなんアリ?って感じですけど決まり事を全く作らないで、思いついたときにやりたい種目をやるようにしました。
そうしたら、なんとなく気が向いたときに気楽にできて、そうしているうちに、少しだけ腕や胸に筋肉がついてきたように感じで、
そうなってからは筋肉をつける楽しさに目覚めて、気づけばちゃんとルーティンを組んで3年間続けていたという感じでした。


あくまで個人的にはですが、あまり頑張りすぎない方が、何かを続けるには合っている気がします。


去年は全てのコンテストの結果を追いかけて記事にしていくぞ!
みたいに意気込んでいたところにコロナでストップをかけられて、僕のサボり癖が出てきてしまったように思います。
やはりあまり頑張ろうとすると上手くいきませんでした。もっと気楽にやらないと。。。

不断の努力が必要なボディビルのファンとしてはあるまじきゆるゆるのメンタリティなわけですが、
頑張ることができない性格だからこそ、ボディビルダーは本当にすごいと思うし、見ていて楽しいんですよね。


そんな感じで、あくまでも趣味というスタンスを崩すことがないように、
今年もボディビルを存分に楽しむ一環として、このブログを運営していきたいと思っています。
気が向いたときに、覗いていただけると嬉しいです。

Advertisement