【サーバー管理】VPSの老舗。さくらのVPSの登録方法

【サーバー管理】VPSの老舗。さくらのVPSの登録方法

前回の記事でVPSがサーバー管理初心者におすすめということを書かせていただきました。

今回は数あるVPSサービスの中でも老舗にあたる、さくらのVPSへの登録方法について書いてみようと思います。

さくらのVPS

僕が契約しているのはさくらインターネットが提供しているさくらのVPSと言うサービスです。

「VPSといえばさくら」と言う感じでVPSを提供する会社としては老舗に当たります。

老舗ということで、ユーザー数も多いため、ネット上に多くの情報がありますし、公式のオンラインマニュアルも充実しているため、初めてサーバ管理をする人にはおすすめだと思います。

費用としては一番安いプランで685円/月にプラスで初期費用1080円ということで、他の会社と比べると少し割高ですが、選べるOSの種類も豊富ですし、サポートも充実していますのでコスパ的には申し分ないのではと思います。

また、一番安いプランに限らずどのプランでも、契約すると2週間のお試し期間がついていますので、タダでサーバーが利用できます。ありがたいですね。

もちろん他の会社でも良いと思いますので、気になる方はお調べ頂ければと思います。

登録方法

それでは、さくらのVPSへの登録方法を見ていきましょう。

下記の申し込みが完了すると、自動的に2週間のお試し期間へも申し込みされます。

2週間お試し期間に申し込みができるのは支払い方法がクレジットカードのときのみです。
  1. さくらのインターネットにアクセスします。


  2. 中央にある各サービスへのリンク画像から「さくらのVPS」をクリックします。


  3. VSPのページで画面上部右側にある「申し込み」をクリックします。


  4. さくらのVPSプラン選択画面が開くのでまず、プランを選択します。今回は一番やすい「512」のプランを選択します。

  5. 続いて、リージョン・ゾーンと、ストレージの選択をします。これは実際にサーバが設置されている場所です。どちらでもかまわないので好きなほうを選択してください。ストレージはSSDしか選択できないのでそのままです。

  6. 申し込みを行うサーバーの台数を選択して、「カートに入れる」をクリックします。

  7. カート内容確認のページが開くので、内容を確認します。

  8. 同ページの下に行きカート金額合計を確認します。毎月払いと、年間一括払いのそれぞれの場合の金額が確認できます。

    年間一括払いだと毎月払いよりも1か月分料金が安くなります。
  9. 問題なければ、「お支払い情報の入力」をクリックします。

  10. ここで今回初めてさくらインターネットのサービスに申し込む場合は会員登録をします。「新規会員登録へ進む」をクリックします。

  11. さくらインターネット会員登録のページが開くので、画面にしたがって会員情報を入力します。すべての情報を入力したら画面の一番下にある「確認画面へ進む」をクリックします。

  12. 入力内容確認のページが開くので、内容を確認します。問題なければページの一番下にある「会員登録する」をクリックします。

  13. 電話確認での本人確認を行います。

    僕は既に会員登録が済んでいるので、ここから先は画像を用意することができませんでした。書く次画面の説明にしたがって登録を進めてください。
  14. 会員登録が終わるとお支払い選択のページに進むことができます。支払いパターン、支払い方法を選択します。

    支払い方法をクレジットカードにしないと2週間お試し期間に申し込めませんので注意してください。
  15. 選択が終了したらページ下部の「お申し込み内容の確認」をクリックします。

  16. 申し込みのご確認のページが開くので、内容を確認し、問題なければ「同意する」にチェックを入れて「この内容で申し込む」をクリックします。

以上で、さくらのVPSへの申し込みは完了です。