2019 IFBB Japan Pro メンズフィジーク出場選手の紹介

2019 IFBB Japan Pro メンズフィジーク出場選手の紹介

日本で開催されるプロボディビル大会、2019 IFBB Japan Proまであと1週間となりました。

今回はメンズフィジークカテゴリに出場する選手を、簡単にですが、全員紹介します!


Advertisement

Japan Pro メンズフィジークの出場選手

ラキンチン・アルストン(オーストラリア)

(c)YouTube

2019アーノルドクラシックオーストラリアでプロカードを取得。

今回がプロ初参戦です。

ジョアキン・キャンプス・エンジェル(スペイン)

今年のニューヨークプロで第16位、ルーマニアマッスルフェスプロでは第13位でした。

対象性の美しい体をしている選手ですね。

クリントン・バルバディロ(アメリカ)

(c)NPC News Online

今年のアーノルドクラシックで第16位、昨年のジャパンプロでは第4位になっている選手です。

ルカ・ビオロ(イタリア)

今年のヤマモトカップ第5位、モンタレイプロ第4位、ルーマニアマッスルフェスプロ第6位になっています。

すごく顔が小さいので、スタイルが良く見えます。


Advertisement

ベト・ドアン(オーストラリア)

昨年のジャパンプロでは第8位。今年はアーノルドクラシックで15位、ニュージーランドプロで第5位になっています。

すごく背が高くてスタイルがいいです。自分が好きなタイプの選手です。

ジェイソン・ダニング(南アフリカ)

今年のアマチュアオリンピアスペインでプロカードを取得しました。

さわやかイケメンで、えぐい腹斜筋をしています。

デニス・グセフ

今年はルーマニアマッスルフェスプロで第14位。昨年のギャラクシープロとフィリピンプロのチャンピオンです。

小池友仁(日本)

YouTuberのJinさんとしてお馴染みの小池選手。

今年のヒデタダヤマギシ、アイリスカイルクラシックでプロカードを取得されました。

日本人ばなれしたバルクが特徴ですね。

ジョーベン・サガベイン(フィリピン)

2018年のマッスルコンテストフィリピンのプロクオリファイでプロカードを取得。

ジェレミー・ブエンディアに指導を受けている選手で、体の感じもちょっと似ているというか、腕とか肩とかすごい大きいんですよね。

個人的には注目の選手です。


Advertisement

竹本直人(日本)

日本人プロフィジーク選手第1号の竹本選手。

昨年のラスベガスオリンピアアマチュアでプロカードを取得してから、約1年を経てのプロ初参戦。

いわゆるフィジーク的な体というより、全体的に満遍なくでかい選手です。それがオリジナリティになっていて、好きですね。

湯浅幸大(日本)

日本のフィジークファンの中では絶大な人気の湯浅選手。

中国のアマチュアオリンピアでプロカードを取得されました。多くの人が湯浅選手のプロカード取得を応援していたと思います。もちろん私もその一人です。

湯浅選手の強みは、いつも完璧なコンディションですね。正に職人的フィジーカー。本当に尊敬できる選手です。

個人的にコンディションで勝負する選手は好きです。なので湯浅選手はとても好きです。

ゼユ・チャン(中国)

2018年の中国オリンピアアマチュアでプロカードを取得。

すごく若い選手(たぶん24歳)です。それもあってか、肌がすごくきれいで、キラキラしている選手ですね。

Japan Proメンズフィジーク選手紹介まとめ

3人の日本人選手をはじめ、新しくプロになった選手が多く出場しますね。

非常に多くの選手にチャンスのある大会になると思います。

是非、日本人選手の優勝、そして日本発のオリンピアン誕生してほしいです。

ということで、Japan Proのメンズフィジーク出場選手を紹介しました。