アーノルドクラシック2019クラシックフィジークの招待選手紹介

アーノルドクラシック2019クラシックフィジークの招待選手紹介
Advertisement

2019年3月2日にオハイオ州、コロンブスで開催されるアーノルドクラシック2019に招待される選手の一覧が発表されました。

全カテゴリの選手の一覧は公式HPで確認することができます。

今回はクラシックフィジークの選手を紹介します。

大会の結果

アーノルドクラシック2019クラシックフィジーク招待選手

クラシックフィジークには19人の選手が招待されています。

Khaled Chikhaoui

2018年ミスターオリンピア出場

Garrott Coelho

2018年アーノルドクラシック出場

Charles Curtis

Ali Emre

Dion Harris

2018年アーノルドクラシック出場

Danny Hester

2016年ミスターオリンピア第1位

2018年ミスターオリンピア第12位

Lehjuan Jones

(c) Arnold Sports Festival

Steve Laureus

2018年ミスターオリンピア第7位

Fabio Lopes

Elijah Lorono

Jason Lowe

2018年アーノルドクラシック第11位

David Martinez Campos

Ro’Vonte Moody

Rickey Moten

Courage Opara

2018年アーノルドクラシック第3位

2018年ミスターオリンピア第10位

Keone Pearson

George Peterson

2017年ミスターオリンピア第3位

2018年ミスターオリンピア第3位

Panexce Pierre

2018年アーノルドクラシック第13位

2018年ミスターオリンピア出場

Wesley Vissers

2018年ミスターオリンピア出場

若手の選手が上位を狙えるチャンス

まず、このリストの中にブレオン・アンズレイとクリス・バムステッドの名前がないことがポイントですね。

この二人は間違いなく今のクラシックフィジークカテゴリのトップ2です。

彼らが出場する大会で上位を狙うのは結構困難なことだと思います。

そういう意味では、2019年のアーノルドクラシックは、今までなかなか上位に食い込めなかった選手、または今回が始めてのアーノルドクラシック出場であるという選手でも上位を狙うチャンスがあるといえるでしょう。

今回のリストの中で過去の成績から見ると、優勝候補の一人はジョージ・ピーターソンだと思います。

彼は2017年、2018年と2回連続でミスターオリンピア第3位でした。

そして、その両方とも1位と2位はブレオンとクリスです。

その二人が出場しない今回のアーノルドクラシック、ジョージは間違いなく優勝を狙ってくるでしょう。

アーノルドクラシック2019関連の記事をまとめてあります。興味がありましたらぜひ読んでみてください。↓

Advertisement